美魔女をめざせ! 美肌のポイントは肌の水分量

アラサー、アラフォー世代でも若い子に負けない「美」を保っている女性は大勢います。美魔女になる為のポイントはただ1つ。

「しっとり艶やかな美肌」ですよ!

女優さんのような美女に生まれてこなかったとしても、ちょっぴりふっくら体型でも、実は「肌のキレイな女性」はそれだけでグッと若く見えて「キレイに見える」んです。

では美肌とはいったいどういう状態なのでしょうか?

  • シミやくすみのない血色の良い肌
  • ニキビや吹き出物などトラブルのない肌
  • しっとり潤いのある肌

シミやくすみはメイク方法である程度カバーできます。ニキビや吹き出物のトラブルは食生活やライフスタイルの改善という抜本的な部分と共に適切なメディカルケアで改善しますね。

それでは「しっとり潤いのある肌」はどうでしょうか?

触れるとモチッとしていて吸い付くような肌こそ、まさに美肌です。でもメイクや薬を摂取する事で「潤い肌」は手に入れられません。

肌には理想的な水分量というのがあります。頬のあたりで肌水分量を計りますが、一般的には40〜50%前後の数字が出ると「理想的な水分量」と判断します。ところが実際には多くの人が、特にアラサー世代ではこの数字以下ですね。もちろん「いつ計るか」「化粧している状態か」といった事で数値は変わりますから一概には言えません。また実際に「潤いのある肌」は水分量だけではなく、適度な皮脂も必要です。

しかし触れてみてモッチリ、パッと見て艶やかさのある肌かどうかは肌の水分量が大きく影響しているのは事実です。ですから、美肌のポイントは肌の水分量をあげることになるのです。

具体的には、

  • 体内からしっかり水分補給をする~毎日たっぷりの水を飲む(1.5リットルと言われています)
  • 化粧水などで水分補給をし、それをきちんと肌に留める~化粧水をつけるだけでなく、それが肌に浸透するようにクリームでフタをする。
  • 水分量を保つためのケアをする

せっかく外から内から水分補給をしても、その水分量を維持しなければ意味がない。水分量をあげるためには保水力をアップしなくてはならない。保湿成分のあるケア製品を使って保水力をキープする。

まずはこうした基本的な注意事項を押さえて、肌の水分量をあげていきましょう。努力すれば必ず手に入るのが「美肌」です。つまり誰でも「美魔女」になれるチャンスがあるという事ですから!