間違っていませんか? 乾燥肌はクリームだけでは治らない

皮膚が乾燥し、シワやたるみが増え、肌がくすんでくると、一気に老け込んで見えるものです。また肌のトラブルも起こしやすくなり、化粧のノリも悪くなります。

肌の乾燥は百害あって一利なし、です。その為でしょうか、多くの人が乾燥肌を治そうと美容クリームや保湿効果の高いクリームを使用してケアしています。クリームは確かに乾燥に効果はありますが、ただクリームを塗っているだけでは乾燥肌は治りません。乾燥肌を改善するためにはもともと肌が持っている「水分量」を増やす必要があるのです。

クリーム自体が水分量を増やしてくれるわけではない

美容クリームは「補給した水分」が逃げ出さないように「フタ」をしてくれる効果は抜群ですが、肌本来の持つ水分量を増やしてくれるわけではありません。補給した肌の水分が定着するようにクリーム(皮脂)でカバーします。ですからクリームだけではなく、外側からの水分補給として化粧水が必要です。

体の内側からも水分量を増やさないと肌は乾燥する

乾燥肌の人はえてして冬場などは手足が赤くなり乾燥してかゆくなります。絶対的に体内の水分量が少ない状態になりやすいわけです。美肌のケアも大切ですが、内側から体内水分量を整える意味でも一日に一定量の水分(水)を摂取するように心がけましょう。

逆説的な方法を試してみる価値はある

一般的には化粧水で肌の水分量を増やし、クリームで保湿作用をカバーします。しかし時折耳にするように「一切化粧水を使うのをやめたら逆に肌が乾燥しなくなった」「あれこれやっていたスキンケアを一度全部やめてみたら案外乾燥しなかった」こんな意見もあります。

皮膚の性質から考えてみても、一定のスキンケアは効果がありますが、時にはこうした逆説的な方法を試してみるのもアリかと思います。肌にガツンと喝を入れるといったような感じでしょうか。

肌といっても千差万別、個人差が大きいものなので「これなら絶対に乾燥肌を治せる」というモノはないのです。ですからある程度続けてみて効果がないようなら違う方法をとってみる、長く続けてきてだんだんと効果が落ちている感じがしたら(一時期良くなっていたのに、また乾燥するようになってきた)ちょっと違う方向からケアしてみるというのも悪くありません。