顔を洗わなければキレイになれる!?

お肌の水分量をあげる事は多くの女性が日々奮闘している事でしょう。肌が乾燥すれば老化が進み、シワやたるみが増え、肌はくすんで黒ずむ。いい事ナシの肌の乾燥を防ぐには、何より肌が理想的な水分量をキープする事ですね。

肌の水分量を増やす方法については、色々な所でいろいろな方法があげられています。ローションパックなどは基本中の基本、スキンケアの様々な工夫や体の内側から水分を摂取する、ヒアルロン酸の摂取などもよく聞かれます。

洗顔しないマイナス方法

ですが、こうした「外からプラス」する方法がうまくいかなかった人に逆のお勧めしたいのが「いっそ洗顔しない」マイナス方法。

毛穴の奥まで洗顔で落として、そこに化粧水をプラスして保湿クリームでフタをするという一般的な方法とは逆のやり方です。肌が肌本来が持つ力で「カサカサしてきたな、皮脂をもっと出すぞ」と命令して保水する、そういう力を取り戻すためのマイナス療法ですね。

洗顔しないマイナス美肌方法のやり方

といっても毎日化粧もするでしょうし、顔を洗わないというわけにもいきませんね。

まずオイルクレンジングをやめます。拭き取りクレンジングはドラッグストアなどでも手軽に購入できますから利用してみるといいと思います。それからぬるま湯で何度かすすいで終わり。

朝は別にメイクを落とすわけでもありませんから、朝こそはぬるま湯でささっと表面の汚れを落とすだけ。こうすると過剰に皮脂を落とす事もなく、適度に皮脂が残って乾燥を防げるというわけです。

最初はちょっと心もとなく感じるでしょうが、続けてみるとだんだんと皮膚が自分の力を取り戻して、弾力が戻ってきます。

洗顔しない方法は皮膚科でも勧められるスキンケア

これはひどい肌トラブルに悩まされた人が皮膚科に行くと勧められる方法の一つでもあります。実は化粧水をつけなくても、意外と肌がつっぱらず、普通に化粧のノリも良い状態になるんですよ。

逆にスキンケアのやりすぎで皮膚を甘やかした為にトラブルを引き起こす事もあります。あれこれクリームをつけすぎて皮脂過剰になり、結果的に乾燥肌になることもありがちなんです。

基本は洗顔+スキンケアだと思います。しかし、それで乾燥肌が改善しない人はこうした「洗顔しないスキンケア方法」を試してみてもいいかもしれませんね。
スッキリ肌が健康的になったら、それから年齢に応じたスキンケアを行うようにしましょう。